宅建業免許は、何年で更新が必要なのですか?

 

「宅建業免許は、何年で更新が必要なのですか?」建設業の許可にも一度許可を取得したら永遠に有効というわけではありません。建設業許可の場合は、5年で更新を行う必要があります。また、更新を忘れてしまうと許可は失効し、その時点で無許可の建設業者となるので注意が必要です。

 

このことは、宅地建物取引業の免許も同じです。必ず更新期限があり、更新を忘れると失効します。宅地建物取引業の免許は、自動車の運転免許と同じように定期的に法令改正等に基づき時流にあった適性を確認し、必要事項の訂正等が求められます。

 

本日は、この更新期限についての解説を行いたいと思います。

 

宅地建物取引業免許の有効期限

 

先に解説した通り、宅建業免許は、永久に有効な免許ではなく、厳密な審査を経て一定の基準を満たした資格者のみに与えられます。この基準は、時間の経過により変動する性質のもので、基準に適合しなくなった場合は、免許の取り消し等の措置も存在します。

 

このような理由から、定期的に基準に適合しているか否かの判断が必要になります。そのため宅建業免許には5年という有効期限があります。そして、有効期限満了後も引続き宅建業を営もうとする場合は、有効期限の満了する日の90日前から30日前までの間に更新手続をする必要があります。

 

なお、更新手続を怠り、免許が失効後に引続き宅建業を営むと、無許可の事業になり業法違反として罰則が科されます。

 

まとめとして

 

本日覚えていただきたい宅地建物取引業免許の有効期限についての知識を下記の表にまとめます。

 

(1)
有効期限は5年であり、引続き宅建業を営むときは更新手続きが必要である
(2)
更新を怠ると免許が失効してしまうこと
(3)
更新の申請手続きは、有効期限が満了する日の90日前から30日前までにおこなうこと

 

この「3つの知識」を是非覚えてください。建設業許可同様に、失効した後に引続き事業を行うと、無免許事業者になり処罰の対象になるので、期限の管理などは充分に注意をして行ってください。