国土交通大臣免許と知事免許の違いは?

 

国土交通大臣免許と知事免許の違いは?宅地建物取引業免許についても建設業許可と同様に、国土交通大臣免許と知事免許が存在します。考え方も、基本的に同じで下記に記載させていただきます。

 

建設業許可の際も解説しましたが、国土交通大臣免許の方が信頼感が高そうに思われがちですが、企業の戦略にもよりますので、一つの地域でコツコツ行う老舗企業の方が無暗に手広く展開することよりも信頼性が高い場合もあります。

 

生意気なようですが、お客様目線で、自社がどのような戦略を取ることが持ち味を発揮できて、満足させることができるかにより考えられるのがいいのではないかと思います。

 

宅地建物取引業の区分

 

宅地建物取引業を営もうとする方は、国土交通大臣免許または都道府県知事の免許を受ける必要があります。国土交通大臣免許は、2以上の都道府県の区域内に事務所を設置して事業を営もうとする場合であり、都道府県知事免許は、1つの都道府県の区域内に事務所を設置してその事業を営もうとする場合をいいます。

 

免許の区分は、法人、個人ともに次の表のようになります。

 

国土交通大臣免許
2以上の都道府県の区域内に事務所を設置
都道府県知事免許
1つの都道府県の区域内に事務所を設置

 

まとめとして

 

いかがでしょうか?宅地建物取引業免許の区分は、建設業許可の区分と同じで、国土交通大臣免許と都道府県知事免許の2パターン存在します。

 

ちなみに、建設業許可同様に宅地建物取引業免許も法人と個人で許可を取得することができます。法人は、株式会社や協同組合、公益法人などの会社法やその他の法律で法人格を得たものをいいます。対して、個人の免許とは個人事業主として業務を行うものをいいます。

 

一般的には、「法人・知事」の免許が一番数の上で多いです。ご近所の不動産屋さんに行くと普通は、宅地建物取引業免許の標示があると思います。そこには、大臣と知事の区別がはっきり記載されていると思います。不動産屋さんに行った際は、是非とも標示にも目をやると面白いと思います。