建設工事と建設業の種類

 

「建設業許可の業種区分について29種類あると聞きましたが、どんなものがあるのですか?」建設業許可は、許可を取れば全ての500万円(税込)以上の建設工事をおこなっていいというわけではありません。行いたい建設工事の種類ごとに事前に許可を取得する必要があります。

 

例えば、「内装工事の工事を500万円(税込)以上の金額で請負場合、内装仕上工事といった専門工事の業種で許可要件を満たし建設業許可を事前に取得する必要があります。

 

これを行うことで、内装仕上工事の一定の施工能力が確保された許可業者として工事をすることが許されます。

 

本日は、この建設工事と建設業の種類について、ご説明したいと思います。

 

29種類の建設工事の種類(建設業法第2条第1項の別表第1)

 

建設業の許可は、以下の29種類の業種ごとに、請負う建設工事に応じて取得する必要があります。

 

略号 建設工事の種類 建設業の種類 略号 建設工事の種類 建設業の種類
土木一式工事 土木工事業 ガラス工事 ガラス工事業
建築一式工事 建築工事業 塗装工事 塗装工事業
大工工事 大工工事業 防水工事 防水工事業
左官工事 左官工事業 内装仕上工事 内装仕上工事業
とび・土工・コンクリート工事 とび・土工工事業 機械器具設置工事 機械器具設置工事業
石工事 石工事業 熱絶縁工事 熱絶縁工事業
屋根工事 屋根工事業 電気通信工事 電気通信工事業
電気工事 電気工事業 造園工事 造園工事業
管工事 管工事業 さく井工事 さく井工事業
タイル・レンガ・ブロック工事 タイル・レンガ・ブロック工事業 建具工事 建具工事業
鋼構造物工事 鋼構造物工事業 水道施設工事 水道施設工事業
鉄筋工事 鉄筋工事業 消防施設工事 消防施設工事業
舗装工事 舗装工事業 清掃施設工事 清掃施設工事業
しゆ しゅんせつ工事 しゅんせつ工事業 解体工事 解体工事業
板金工事 板金工事業

 

※ 土木一式建築一式の許可であっても、各専門工事の許可が無い場合、500万円(税込)の専門工事は単独で請け負うことはできません。

 

なお、土木一式建築一式の許可の場合、原則として元請業者の立場で総合的な企画、指導、調整の下に建設する工事であり、複数の下請業者によって施工される大規模かつ複雑な工事を行う場合の業種区分です。

 

そのため、単独で専門工事を請負場合は、各専門工事の許可が必要です。

 

※ 解体工事業は、平成28年6月1日から追加されました。実務経験等については、経過措置もあります。このことは、別途記事を立てて、ご説明したいと思います。

 

もしかしたらと思ったら、迷わず行政書士に相談

 

建設工事と建設業には、建設業法第2条第1項の別表第1により29の業種が定められています。500万円(税込)以上の工事を請負場合は、各専門工事の許可が必要になります。

 

特に注意が必要なものは、建築一式工事です。先日、ご説明しましたがこれらの工事は500万円(税込)以上であっても許可は要りません。よくある誤解として、請負契約書に建築一式工事ということで契約をすれば許可なく1,500万円(税込)未満までの工事を請負えると思われがちですが、そんなことはありません。

 

契約書の記載に関わりなく、工事の実態が単独の専門工事と判断されるものならば、500万円以上(税込)で請負場合は、専門工事の許可が必要です。

 

こういったよくある誤解も含めて、必要な許可が無く工事を進めていくと「無許可業者」として罰せられる場合もありますので、ご不明な点は自己判断せず、事前に行政書士にご確認ください。