建設業許可の種類

 

建設業許可には国土交通大臣の許可と都道府県知事の許可の2種類がありますが、この違いがよくわかりません。いったい何が違うのでしょうか?

 

建設業許可の許可番号を掲載する標示板に「大臣」や「知事」など見かけると思います。なんか知事よりも大臣の方が偉そうに感じられるのは、人の常かもしれません。

 

本日は、この違いについて、ご説明したいと思います。

 

大臣許可と知事許可の違い(建設業法第3条)

 

建設業の許可の種類(建設業法第3条)は、以下の2つの違いがあります。

 

国土交通大臣許可 2つ以上の都道府県に営業所がある場合
都道府県知事許可 1つの都道府県にのみ営業所がある場合

 

建設工事自体は営業所の所在地に関わりなく、他の都道府県でも行うことができます。例えば東京都知事の建設業許可によって、東京都内の本支店のみで営業活動は行えますが、その本支店で締結した契約で営業所のない他都道府県の工事を行うことができます。

 

なお、営業所とは、請負契約の締結に係る実体的な行為を行う事務所をいい、建設業許可の営業所の要件(建設業法第3条)を満たすものである必要があります。

 

まとめとして

 

建設業第3条の国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違いについて、お分かりいただけましたでしょうか?

 

確かに、国土交通大臣許可の方が他の都道府県にまたいで営業所があることから、会社の信用は得られやすいかもしれません。ただ、建設会社の実力は大きく地域を広げることだけが評価されるべきことではありません。

 

地域に根差して、着実に信用を獲得している老舗企業もあります。

 

建設業の許可の種類も、企業の方針によってお考えになられるのがいいのではと私は感じます。