深夜酒類提供飲食店営業の営業開始届とは?届出に必要な要件!

 

深夜酒類提供飲食店営業について、以前「深夜酒類提供飲食店営業とは、どのようなものをいうのか?」にて既に解説させていただきましたが、本日は、この営業を開始するにあたってどのような要件を満たす必要があるのかについて説明をしたいと思います。

深夜酒類提供飲食店営業は、一般的に深夜(午前0時から午前6時)までの間に酒類を客に提供する飲食店すべてをさすと思われがちですが、実際は、主に酒類を提供する深夜の居酒屋などが対象になります。

そのため、深夜にお蕎麦や丼ものなどの主食を提供する酒類を提供する飲食店は、深夜酒類提供飲食店に該当せずに、飲食店営業許可のみで営業可能です(牛丼屋がビールを深夜に出しても深夜酒類提供営業にはなりません)。

次に、深夜酒類提供飲食店は、接待行為客に遊興を提供する行為はできません。もしもこれを想定する場合は、事前に風俗営業第1号許可特定遊興飲食店営業の許可を公安委員会から受ける必要があります。

本日は、このことを踏まえて深夜酒類提供飲食店営業を開始する場合に満たすべき要件等を解説したいと思います。

 

営業開始の届出要件

 

風俗営業許可を取得するということは、営業を一旦一律に禁止し、許可要件をクリアーしたものに特別に許可を与えて営業可能にすると以前解説しました。

深夜酒類提供飲食店営業は、「届出」です。そのため、上記のような風俗営業許可のような審査はありません。

しかし、「届出」であっても、以下の要件を満たしていない場合は、届出が完了しないことや取下げになる場合があります。

そのため、以下の内容は事前に充分な確認が必要です。

 

届出期日・届出先
営業開始の10日前までに所轄の警察署へ届出が必要です。
飲食店営業許可
深夜酒類提供飲食店営業の営業開始の届出の前に、保健所から飲食店営業許可書を受けることが必要です。
人的欠格事由・保全対象地域
特にありません。
※ 風俗営業許可でいうところの、人的欠格事由保全対象地域の規制はありません。
営業可能な地域
東京の場合、商業地域、近隣商業地域、工業専用地域、準工業地域です(東京都条例)。
※ 住居集合地域では営業できません。
営業所・設備の要件

規則99条により、以下のように定めます。

1.客室の床面積は、一室9.5㎡以上にすること。ただし、客室が一室のみの場合はこの限りではない。
2.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと(概ね100㎝を超える衝立、間仕切り等を設けることはできません)。
3.善良な風俗または清浄な風俗環境を害する写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと(女性の裸や水着などのポルノ類)。
4.客室の出入り口に施錠設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通じる客室の出入り口については、この限りではない。
5.営業所内の照度が20ルクス以下とならないように維持されるために必要な設備を有すること。
6.騒音・振動の数値が55デシベルに満たないように維持されるために必要な構造または設備を有すること。
手数料
届出手数料は、0円です。

 

まとめとして

 

深夜酒類提供飲食店営業は、風俗営業許可でいうところの、人的欠格事由保全対象地域の規制はありません。

そのため、風俗営業関係の申請の中では比較的簡単な部類の者です。風俗営業許可を取得する場合、通常は保全対象地域(学校や病院、福祉施設など)の敷地境界線から100m以内では営業できませんが、この届出ではそれがありません。

結果、必然的に風俗営業関係の営業の中で最も件数が多い営業になります(全国で約26万件)。

ただし、要件がゆるいからといって、禁止されている接待行為や遊興の提供を行うと無許可営業となり取締りの対象になりやすくなりますので注意が必要です。

営業開始前には、必ず行政書士に運営も含めて法的なコンサルティングを受けることをお勧めします。