風俗営業許可は、どのような営業に必要なの?

 

風俗営業ときくと、一般的に「性風俗産業」のことを想像される方が多いかと思います。

 

よく、「きのう風俗いってきた!」なんていう会話の意味は、「性風俗店に行った。」という意味がほとんどであると思います。

 

しかし、風俗営業法上は「風俗営業」ではなく、「性風俗特殊営業」といい全くの別物であります。

 

風俗営業
接待飲食等営業(キャバレー、ラウンジ、低照度飲食店、区画席飲食店)や特定遊興飲食店営業(クラブ、ライブハウス)遊技場営業(パチンコ、麻雀店、ゲームセンター)をいい、都道府県公安委員会の許可が必要です。
※ ただし、深夜酒類提供飲食店の場合は、届出で足ります。
店舗型性風俗特殊営業(ソープランド、ファッションヘルス、ストリップ、ラブホテル、アダルトショップ、出会い喫茶)や無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル、アダルト通販)、映像配信型性風俗特殊営業、テレクラなどをいい、都道府県公安委員会の届出が必要です。

 

今回解説する「風俗営業許可」が必要な営業は、上記の「風俗営業」に該当するものであり、特に申請数の多い接待飲食等営業を中心に行いたいと思います。

 

なお、接待飲食等営業を行う場合、風俗営業許可の外に「飲食店営業許可」も併せて取得する必要があります。必ず、事前の確認が必要と感じます。

 

風俗営業の種類

 

風俗営業法では、店の名称に関わらず、どの種類に該当するかを実際の営業内容に基づいて以下のように定めています。

 

例えば、ガールズバーと店の名前が表記されていても、「お酌」などの風俗営業法上の「接待行為」に該当する行為を行う場合は、深夜酒類提供飲食店の届出ではなく、「第1号営業(社交飲食店、料理店)」の許可が必要になります。

 

第1号営業(社交飲食店、料理店)
キャバレー、待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興または飲食させる営業(風俗営業法第2条第1項第1号)
※ 店内照度5ルクスを超えること
例)キャバクラ、ホストクラブ、料亭
第2号営業(低照度飲食店)
喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った営業所内の照度を10ルクス以下(5ルクス以上)として営むもの(第1号営業(社交飲食店、料理店)に該当する営業として営むものを除く)(風俗営業法第2条第1項第2号)
※ 店内照度5ルクスを超えること
例)カップル喫茶
第3号営業(区画席飲食店)
喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けてい営むもの(風俗営業法第2条第1項第3号)
※ 店内照度10ルクスを超えること
例)連れ込み喫茶
第4号営業(麻雀店、パチンコ店)
麻雀屋、パチンコ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業(風俗営業法第2条第1項第4号)
※ 店内照度10ルクスを超えること
例)麻雀店、パチンコ店
第5号営業(ゲームセンター)
スロットマシーン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、またはこれに随伴する施設で政令に定めるものを除く)において当該遊技設備により客に遊技させる営業(第4号営業(麻雀店、パチンコ店)に該当するものを除く)(風俗営業法第2条第1項第5号)
※ 店内照度10ルクスを超えること
例)ゲームセンター
ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興させ、かつ、客に飲食をさせる営業(客に酒類を提供して営むものに限る)で、午前6時後翌日の0時前の時間においてのみ営むもの以外のもの(風俗営業(第1号から第5号)に該当するものを除く)をいう(風俗営業法第2条第11項)
※ 店内照度10ルクス以上
例)クラブ、ディスコ、ライブハウス
深夜(午前0時から午前6時まで)において、設備を設けて客に酒類を飲食させる営業で、営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く(風俗営業法第33条)
※ 店内照度20ルクスを超えること
例)バー、スナック、ガールズバー

 

接待を行うラウンジを営業する場合、第1号営業の許可が必要で、深夜(午前0時から午前6時)までの間は、営業できません。それでは、深夜酒類提供飲食店営業の届出を行えば深夜(午前0時から午前6時)までの間に営業できそうに感じます。しかし、実際のところこのような営業は認められません。なぜならば、「深夜の風俗営業はできない」という規制が骨抜きになってしまうからです。

 

まとめとして

 

本日は、風俗営業法上の風俗営業についてご紹介いたしました。一般的なイメージと大分違うと思います。

 

ちなみに、「許可」を行うということは、許可された内容については国が正業として認めたことになります。そのため、法律を遵守して営業する限り、特に問題のない行為になります。

 

対して性風俗特殊営業については、届出です。これは、許可を与えてしまうと国が性風俗特殊営業を正業として認めてしまうことになり、国家の威信をかけてそれはできないため届出に留めています。

 

当然、届出ですから今後の状況如何によっては、「浄化の対象」になり得る不安定な営業になります。

 

風俗営業法は、非常に内容が深く、世俗に対する実態を考える上で面白い内容になります。今後も、探求してみたい分野です。