厳重な管理が必要な特別管理一般廃棄物と特別管理産業廃棄物とは?

 

前回の記事「排出事業者は、どのように産業廃棄物になるかどうかの判断をすればいいの?」において、産業廃棄物か否かの判断基準をご紹介しました。

 

この中で、「産業廃棄物には「特別管理産業廃棄物」というものがあります。」との言及をさせていただいたかと思います。この特定管理産業廃棄物とは、以下のようなものをいいます。

 

特別管理産業廃棄物とは、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康または生活環境に係る被害を生ずるおそれのある性状を有するものとして政令で定めるものをいう(廃棄物処理法第2条第5項)。

 

これらの産業廃棄物は、普通の産業廃棄物と異なり厳重な管理が必要になります。

 

また、産業廃棄物でなく一般廃棄物であっても、特別管理一般廃棄物として処分には厳重な管理を要します。

 

特別管理一般廃棄物とは、一般廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康または生活環境に係る被害を生ずるおそれのある性状を有するものとして政令で定めるものをいう(廃棄物処理法第2条第3項)。

 

さて、上記の特別管理産業廃棄物および特別管理一般廃棄物の分類については具体的にどのようなものが存在するのでしょうか?本日は、この廃棄物の一覧をご紹介したいと思います。

 

特別管理産業廃棄物および特別管理一般廃棄物の分類

 

特別管理産業廃棄物および特別管理一般廃棄物の分類は以下のようになります。

 

  • 特別管理産業廃棄物

 

廃棄物処理法施行令において、特別管理産業廃棄物は以下のものをいいます。

 

廃油
揮発油類、灯油類、軽油類(難燃性のタールピッチ類等を除く)
廃酸
著しい腐食性を有するPH2.0以下の廃酸
廃アルカリ
著しい腐食性を有するPH2.5以上の廃アルカリ
感染性産業廃棄物
医療機関等から排出される産業廃棄物であって、感染性病原体が含めれ若しくは付着しているおそれのあるもの
特定有害産業廃棄物

廃PCB等

廃PCBおよびPCBを含む廃油

PCB汚染物

PCBがしみ込んだ汚泥、PCBが塗布され、または染みこんだ紙くず、PCBが染みこんだ木くずもしくは繊維くず、PCBが付着し、または封入されたプラスチック類もしくは金属くず、PCBが付着した陶磁器くずもしくはがれき類

PCB処理物

廃PCB等またはPCB汚染物を処理するために処理したものでPCBを含むもの

廃水銀等

①特定の施設において生じた廃水銀等
②水銀もしくはその化合物が含めれている産業廃棄物または水銀使用製品が産業廃棄物となったものから回収した廃水銀

指定下水汚泥

下水道法施行令第13条の4の規定により指定された汚泥

鉱さい

重金属等を一定濃度を超えて含むもの

廃石綿等

石綿建材除去事業に係るものまたは大気汚染防止法の特定粉じん発生施設が設置されている事業場から生じたもので飛散するおそれのあるもの

燃え殻

重金属等、ダイオキシン類を一定濃度を超えて含むもの

ぱいじん

重金属等、1,4-ジオキサン、ダイオキシン類を一定濃度を超えて含むもの

廃油

有機塩素化合物等、1,4-ジオキサンを含むもの

汚泥、廃酸または廃アルカリ

重金属等、PCB、有機塩素化合物等、農薬等、1,4-ジオキサン、ダイオキシン類を一定濃度を超えて含むもの

 

  • 特別管理一般廃棄物

 

廃棄物処理法施行令において、特別管理一般廃棄物は以下のものをいいます。

 

PCB使用部品
廃エアコン、廃テレビ、廃電子レンジに含まれるPCBを使用する部品
廃水銀
水銀使用製品が一般廃棄物となったものから回収した廃水銀
ばいじん
ごみ処理施設の集じん施設で生じたばいじん
ばいじん、燃え殻、汚泥
ダイオキシン特措法の特定施設である廃棄物焼却炉から生じたもので、ダイオキシン類を3ng/gを超えて含有するもの
感染性一般廃棄物
医療機関等から排出される一般廃棄物であって、感染性病原体が含まれもしくは付着しているおそれのあるもの

 

まとめとして

 

本日ご紹介した「特別管理産業廃棄物」や「特別管理一般廃棄物」は、本来厳重な管理をもって廃棄処分すべきものです。

 

そのため、処分の方法も普通の産業廃棄物と同様に収集運搬、処理等の扱いが許されない場合がありますので、ここに処分方法については問い合わせる必要があると感じます。

 

さて、先日より産業廃棄物をどのように判断するか否かについて解説をしてきました。

 

なかなか判断するだけでも難しいと思われますが、罰則規定等が厳しくなりつつありますので、くれぐれも慎重にお願いします。