産業廃棄物処理の形態!中間処理と最終処分の違いとは?

 

産業廃棄物は、廃棄物を排出した会社が自らの責任において、法律に則り処理しなければなりません。このことを産業廃棄物の排出事業者責任といいます。

 

排出事業者責任とは、排出事業者は廃棄物を自らの責任で、適正に処理しなければならない原則をいいます。このことは、廃掃法の基本原則となっています。もしも、不法投棄が行われ、不法投棄者に投棄物を取り除くなどの原状回復能力が無い場合、排出事業者に原状回復の責任が生じます。なお、産業廃棄物以外の一般廃棄物処理の最終的責任は、市町村に発生します。

 

このような原則の中で、産業廃棄物を排出した企業は適正にその廃棄物を処分しなければなりませんが、この処分方法には「中間処理」と「最終処分」の2つの形態が存在します。

本日は、上記の廃棄物の処理形態について解説をしたいと思います。

 

中間処理と最終処分の違い

 

産業廃棄物処理の形態は、以下の2つの形態に分類されます。

 

①最終処分
最終処分とは、最終的に埋め立てたり、海洋などに投棄することです。
②中間処理
中間処理とは、廃棄物を適正に処理(選別、破砕、焼却、溶融、脱水)をすることです。このことを行うことで、再利用(リサイクル)可能なものを生み出したり、最終処分(埋め立て、海洋投棄)を行う場合の廃棄物の無害化等を行う処理をいいます。

 

上記の内容を踏まえて産業廃棄物の流れと処理を考えれば、「①産業廃棄物の発生→②中間処理→③リサイクルまたは最終処理」というようになります。

 

特に近年、循環型社会が叫ばれる中で、「中間処理」により再利用(リサイクル)可能な資源の創出の必要性に対して注目が集まっています。

 

そのため、「中間処理」の工程において、選別作業の重要性が今後ましくると予想されます。

 

まとめとして

 

資源は有限であり、豊かな暮らしを何も工夫せずに行っていれば、いずれ資源は枯渇します。このような当たり前のことを、解消しようとする工夫の一つに資源の再利用(リサイクル)という考え方があります。

 

再利用(リサイクル)に重点をおいた中間処理を行うことで、資源の枯渇に対する問題の緩和策にはなることは自明であると思います。

 

また、再利用(リサイクル)を可能にする中間処理の工夫により、製品資源として新たな生産活動にも貢献できるとも考えられます。

 

画期的な、循環社会を創り上げる一つの過程として、中間処理の重要性は今後増していくでしょう。