一般廃棄物と産業廃棄物の違いとは?産業廃棄物の定義!

 

前回の記事「産業廃棄物処理の最終責任は、ゴミを出した事業者にある!」において、産業廃棄物処理の最終的責任は排出事業者にある旨を解説しました。

 

その際、「産業廃棄物とは事業活動により排出される廃棄物とされています。」と産業廃棄物の定義について一部言及させていただいたと思います。

 

産業廃棄物とは、あくまでも事業活動で排出される廃棄物のことであり、それ以外の廃棄物も世の中には沢山存在すると思います。例えば、一般家庭から排出されるゴミが代表的と思います。

 

上記の「一般家庭から排出されるゴミ」などは、廃棄物処理の観点からどのように定義されているのでしょうか?本日は、これらのものも含めて、廃棄物の定義について解説したいと思います。

 

一般廃棄物と産業廃棄物の違い

 

日常生活により排出されるゴミには、大きく分けて2つに分類することができます。

 

例えば、木材がゴミとして排出されるケースの場合、1つは日曜大工で木材の切り分け等で排出される木の切れ端や木くずなどがあると思われます。これらの廃棄物は、一般廃棄物と分類されます。

 

対して、2つ目に木材加工工場などで排出される木の切れ端や木くずなどは、産業廃棄物と分類されます。

 

上記の分類の法律的な根拠としては、産業廃棄物は廃掃法によって「事業活動に伴って生じた20種類のもの」と定義されており、一般廃棄物は「産業廃棄物以外の廃棄物」とされています。

 

細かな分類は、以前「産業廃棄物とはなに?事業活動により発生する廃棄物、それは産業廃棄物!」にて解説していますので、ご確認ください。

 

産業廃棄物か一般廃棄物かの分類は、質的に悪いか、環境汚染の原因になり得るかどうかが一つの目安になります。

 

前記の木材加工工場で排出される木の切れ端や木くずなどは、日曜大工などに比べ排出量が多く、耐火・防腐・防カビなどの特殊な加工を施しているケースが多く、そのまま排出し一般廃棄物として取り扱うと環境に悪影響を及ぼす場合があります。

 

そのため、木材加工工場から排出されるゴミは産業廃棄物に該当します。

 

また、現在では、爆発性・毒性・感染性などの健康または生活環境に被害の恐れのあるものを「特別管理産業廃棄物」「特別管理一般廃棄物」として定義しています。

 

まとめとして

 

よく聞かれることに、「オフィスで発生する紙くず等は、事業活動で排出される廃棄物に当たり産業廃棄物になりますか?」というものがあります。

 

この場合、「産業廃棄物とはなに?事業活動により発生する廃棄物、それは産業廃棄物!」にて解説していますが、「紙くず」については特定事業活動に該当するか否かによって判断されます。

 

紙くず
建設業に関するもの(工作物の新築、改築または除去に伴って生じた紙くず)、パルプ製造業、紙加工品製造業、新聞業、出版業~生じる紙くずなど

 

紙くずが産業廃棄物に該当するか否かは、表中の事業に該当するか否かで判断しますので、「オフィスでコピーなどで発生する紙くずなど」は、通常一般廃棄物(事業系一般廃棄物)となります。

 

なお、産業廃棄物処理の最終的責任は、排出事業者にあります(排出事業者責任)が、一般廃棄物処理の最終的責任は市町村にあります。そのため、上記の「オフィスでコピーなどで発生する紙くずなど」の処理に対する責任は市町村になります。