一般貨物自動車運送事業許可の5つの要件の1つ!車両の要件とは?

 

以前、「一般貨物自動車運送事業許可の5つの要件とは?」にて、許可取得に必要な要件をざっくりと解説しました。

 

本日は、その5つの要件の中の1つの「車両の要件」について解説をいたします。車両の要件は、運送事業を営むにあたって使用する事業用自動車は5台以上と規定されています。

個々の詳細な解説は、次回以降にして本日は「車両の要件」についてざっくりとあげておきたいと思います。

 

本日のところは、運送事業を営む場合にどのような車両等が必要かの大まかな把握をお願いします。

 

車両の要件

 

一般貨物自動車運送事業に使用する事業用自動車は、5台以上必要となります。この車両は、車検証上の用途の欄に「貨物」と記載されているものであれば、4ナンバーなどの小型車でも構いません。ただし、軽自動車は除きます。

 

また、車検証上の所有者や使用者が必ずしも申請者名義である必要はありません。ただし、その場合は使用権原があることを証明する書類としてリース契約書、車両売買契約書などの添付書類を要します。

 

なお、一般貨物運送事業の許可申請をする場合、新たに法人を設立し車両の所有者が申請者個人の場合は、個人から法人への譲渡契約書等が必要となります。

 

まとめとして

 

一般貨物自動車運送業の車両の要件を証明する書類については、ローカルルールが多く都道府県によりまちまちです。

 

そのため、必ず管轄の陸運支局に事前の確認が必要です。これは、プロである行政書士も毎回確認する必要があると思います。

 

建設業の許可についてもローカルルールは都道府県ごとに存在はしますが、大枠はほぼ全国一律です。実務経験の証明や工事経歴についての考え方が、東京都は特に厳しいですが・・・

 

一般貨物自動車運送事業の許可は、ローカルルールの割合が建設業許可よりも多く感じられます。申請の際は、注意が必要です。