技能実習制度に関する外国人の入国と在留に関する手続とは、どのようなものか?

 

通常、外国人が入国する場合の手続きについては、以前「外国人の入国審査とは、どのような流れで行われるのか?」という記事において掲載させていただきました。

 

一連の流れをおさらいすれば以下のようなSTEPで行われます。

 

STEP 入国審査の流れ
外国人の旅券(パスポート)と査証(ビザ)を持参し日本に来ます。
日本の出入国港へ到着した外国人は上陸の申請を行います。この際、免除対象者を除き個人識別情報(指紋および顔写真)を提供します。
入国審査官は旅券、査証、外国人入国記録(EDカード)等により、外国人の入国の審査をします。
外国人の旅券に上陸許可の証印をします。
※新千歳空港、成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、広島空港、および福岡空港においては、上陸許可によって中長期在留者となった外国人には在留カードを交付します。その他の出入国港では、在留カードを後日交付する旨を記載します。
正式に日本への上陸が許可されます。

 

では、技能実習生の入国も同じような流れでいいのでしょうか?技能実習生については、前回の記事で述べたように、制度の具体的な対策が講じられています。

 

基本的には、他の外国人の在留資格取得と同じ流れですが、技能実習生の在留資格を取得するには以下のような流れで取得して、日本へ入国が必要になります。

 

本日は、その入国と在留の手続きについて解説をしたいと思います。

 

技能実習制度に関する外国人の入国と在留に関する手続

 

技能実習制度に関する外国人の入国と在留に関する手続は、以下のSTEPで行われます。

 

①在留資格認定証明書の交付申請
技能実習生を受け入れようとする実習実施者(企業単独型)または監理団体(団体監理型)は、まず、地方入国管理局に在留資格認定証明書の交付申請をします。
この証明書は、申請に係る技能実習生が入管法令の定める許可要件に適合していることを証するもので、有効期限は3ヶ月です。
なお、監理団体が技能実習生を受け入れるにあたっては、職業紹介事業の許可または届出が必要になります。
②査証(ビザ)の取得と上陸許可
技能実習生として日本に上陸しようとする外国人は、日本の在外公館に行き在留資格認定証明書を提示して査証(ビザ)を取得します。
そして、日本の出入国港(空港や港)で旅券(パスポート)と査証(ビザ)等を入国管理官に提示して、在留資格「技能実習1号イ(またはロ)」、在留期間「法務大臣が個々に指定する期間(1年を超えない範囲)」とする上陸許可を受けて技能実習生として活動ができます。
③在留資格変更許可
技能実習1号から2号へ移行しようとする技能実習生は、移行対象職種・作業等に係る技能検定基礎級相当の試験に合格したうえで、地方入国管理局に在留資格変更許可申請を行うことになります。
この申請は、在留期間が満了する1ヶ月前までに行わなければなりません
④在留期間更新許可
技能実習1号や2号について、技能実習生は、通算して滞在可能な3年の範囲内で、在留期間の更新申請を地方入国管理局に行うことができます。この申請は、在留期間が満了する1ヶ月前までが好ましいです
⑤外国人登録
技能実習生は、入国後90日以内に居住地の市町村に外国人登録をしなければなりません。
交付される外国人登録証明書は、常時携帯する義務があります。
また、居住地変更や在留資格等の変更が生じた場合は、変更登録申請を行わなければなりません。

 

まとめとして

 

外国人技能実習生の受入れに関する手続きとしては、在留資格認定証明書を日本で受入先が取得する必要があります。

 

その後、外国人の母国の日本の在外公館にて、その在留資格認定証明書を提示の上、査証(ビザ)が発給されます。

 

外国人は、旅券(パスポート)と査証(ビザ)を持参の上、出入国港にて在留資格「技能実習生1号イまたはロ」を受け、入国許可となります。

 

ちなみに、当初の在留期間は1年以内になり、入国後90日以内に外国人登録を行うことになります。

 

以上が、受入れ当初の流れです。その後、技能実習が進行し技能実習2号に変更したり、在留期間の更新が必要な場合は、別途手続きが必要になります。