中長期在留者に発行される在留カードとは、どのようなものか?

 

前回の記事「よくある誤解!在留資格とビザ(査証)は、違うのですか?」において、出入国港において入国管理官が外国人が所持する旅券(パスポート)と査証を確認した後に在留資格を付与し(入国許可)、旅券(パスポート)に上陸許可の証印が押され上陸許可となり、日本国内で在留資格の範囲内で活動が可能になると解説しました。

 

ただし、入国審査の際に、中長期滞在者と認められる場合は、在留カードを交付します。大きな海外線のある空港では、ほぼその場で交付されますが、交付をされない場合は在留カードを後日交付する旨を旅券(パスポート)に記載します。

 

さて、この在留カードが交付される中長期在留者とは、どのような外国人をいうのでしょうか?また、在留カードとは、どのような事項が記載されるのでしょうか?

 

本日は、この在留カードについて解説したいと思います。

 

在留カードとは

 

在留カードは中長期在留者に対して、上陸許可、在留資格の変更許可、在留期間の更新許可などの在留に係る許可に伴って交付されるものです。

 

中長期在留者とは、入管法の在留資格をもって日本国に中長期間在留する外国人で、以下の①から⑥のいずれにもあてはまらない者をいいます。

 

「3月」以下の在留期間が決定された人
「短期滞在」の在留資格が決定された人
「外交」または「公用」の在留資格が決定された人
①から③の外国人に準じる者として在留資格が決定された人
特別永住者
在留資格を有しない人

 

在留カードには、写真が表示されるほか以下の事項が記載されます。また、偽変造防止のためホログラムやICチップが搭載され、券面記載事項の全部または一部が記載されます。

 

氏名、生年月日、性別、国籍・地域
住居地(日本国における主な住居の所在地)
在留資格、在留期間および在留期間満了の日
許可の種類、許可年月日、交付年月日
就労資格の有無
資格外活動の許可(裏面)

 

まとめとして

 

在留カードは、基本的に3月を超える在留者に交付されるということで、多くの場合扱われます。

 

そのため、多くの大学や高等専門学校に通う留学生は、在留カードが発行されているはずです。また、日本で就職した就労者の方も同じです。

 

ただし、「特定活動」の在留資格が決定された亜東関係協会の本邦の事務所(駐日台北経済文化代表事務所等)もしくは駐日パレスチナ総代表部の職員またはその家族の方は、在留カードの交付を受けずに在留が可能です。

 

また、特別永住者の方も同様に在留カードは交付されませんが、その代わり特別永住者書が交付され、有効期限の記載がされますので注意が必要です。