配置技術者(主任技術者や監理技術者等)は、直接・恒常的な雇用が必要ということですが、どのようなことをいうのですか?

 

主任技術者監理技術者の役割や資格を説明した記事の中で、以前以下の内容を掲載させていただきました。

 

所属する建設業者と直接的かつ恒常的な雇用関係にあることを必要とされ、いわゆる在籍出向者等は認められません(管理技術者制度運用マニュアル)。

 

現場に配置すべき配置技術者(主任技術者や監理技術者等)は、所属する建設会社によりきちんと直接雇用され(直接的な雇用関係)、かつ、継続的に勤務している者(恒常的な雇用関係)でなければならないとされています。

 

所属建設会社との関係
直接的な雇用関係(在籍出向者や派遣などではない)
恒常的な雇用関係(一つの工事の期間のみの短期雇用ではない)

 

理由は、彼らの役割が「工事の施工の確保の管理(主任技術者および管理技術者)」および「下請負人の指導監督(監理技術者の場合)」であり、工事自体の適正な施工の確保から上記のような2つの雇用の要件が必要になります。

 

なお、この2つの雇用の要件の確認資料としては、監理技術者資格者証や健康保険被保険者証等に記載された「所属建設業者名」および「交付日」により確認できることが必要です。

 

配置技術者 直接的雇用関係 恒常的雇用関係
監理技術者

次のいずれかで確認

①監理技術者資格証の所属建設業者の商号または名称、または変更履歴(裏書)
②健康保険被保険者証の所属建設業者の商号または名称
③住民税特別徴収税税額通知書の所属建設業者の商号または名称

次のいずれかで確認

①監理技術者資格証の交付年月日、または変更履歴(裏書)
②健康保険被保険者証の交付年月日
主任技術者

次のいずれかで確認

①健康保険被保険者証の所属建設業者の商号または名称
②住民税特別徴収税税額通知書の所属建設業者の商号または名称
健康保険被保険者証の交付年月日

 

配置技術者の直接的雇用関係と恒常的雇用関係について

 

直接的な雇用関係とは、配置技術者と所属建設業者との間に第三者が介入する余地のない雇用に関する一定の権利義務関係(賃金、労働時間、雇用、権利構成)が存在することをいいます。

 

したがって、在籍出向者、派遣社員については直接的な雇用者にあるとはいえません。

 

恒常的な雇用関係とは、一定の期間にわたり当該建設会社に勤務して、日々一定の時間以上職務に従事することが担保されている必要があります。

 

それに加え、配置技術者(主任技術者および監理技術者等)と所属建設業者が、双方の持つ技術力を熟知し建設業者が責任をもって、その技術者を工事現場に配置できるとともに、建設業者が、組織として有する技術力を配置技術者(主任技術者または監理技術者等)が充分にかつ円滑に活用して、工事の管理等の業務を行うことができることが必要とされています。

 

また、特に国や地方公共団体の発注する公共工事では、3ヶ月以上の雇用関係が必要と解されています。

 

原則として、建設業者からの入札の申込のあった日以前に3ヶ月以上の雇用関係があることが必要です(監理技術者制度運用マニュアル)。

 

  • 配置技術者(主任技術者または監理技術者等)の雇用関係についての特例

 

合併や分社等の組織変更により、所属建設会社に変更があった場合や震災等の対応で緊急の必要その他やむを得ない事情がある場合は、特例が認められています。

 

また、雇用関係が限定されている継続雇用制度(再雇用制度、勤務延長制度)の適用を受けている者については、その雇用期間に関わらず、恒常的要関係にある者とみなされます

 

なお、直接的かつ恒常的な雇用関係については、次のような場合には、一定の条件のもとで親会社からの出向社員を認めるなどの特例があります。

 

建設業者の営業譲渡または分社に係る主任技術者または監理技術者(平成13年5月通達)
持ち株会社の子会社が置く主任技術者または監理技術者(平成28年12月通達)
親会社およびその連結子会社の間の出向社員に係る主任技術者または監理技術者(平成28年5月通達)

 

まとめとして

 

建設現場に配置すべき配置技術者(主任技術者または監理技術者等)は、基本的にすべての工事に配置すべきとなっています。

 

そして、この配置技術者(主任技術者または監理技術者等)は、所属する建設業者から直接的かつ恒常的な雇用関係を受けていなければなりません。

 

上記の直接的かつ恒常的な雇用関係は、監理技術者資格者証や健康保険被保険者証等により確認をされます。

 

そのため、基本的に在籍出向者や派遣社員、短期雇用者は、配置技術者(主任技術者または監理技術者)として使用できません。

 

ただし、特例措置もあるので、確認が必要ということで、本日の記事は終わります。