専門技術者は、どのような工事の場合に配置すべきですか?

 

専門技術者とは、建設工事の中で専門工事の際に配置する技術者の中で主任技術者の資格を満たす者のことをいいます。

 

以前、建設業の許可を取得した業者は、許可を取得した業種に対して、専門工事業者になると書きました。

 

専門工事業者とは、例えば建設業許可を屋根工事業という業種で受けた場合、その業者は屋根工事の専門工事業者になります。

 

このように業種ごとに取得した許可により、専門工事業者の区分は決まります。

 

基本的に、上記の専門工事に配置される主任技術者ですが、「一式工事を自ら行う場合」や「附帯工事を自ら行う場合」には、その専門工事の主任技術者の資格を満たす専門技術者を配置する必要があります。

 

専門技術者の配置について

 

建設工事を施工する建設業者は、主任技術者または監理技術者すべての工事現場に設置しなければなりません。

 

その工事が土木一式工事や建築一式工事である場合、そこに置かれる主任技術者は一式工事の構成部分をなす各専門工事を総合的に管理するものであり、この一式工事の構成部分である各専門工事の施工について技術上の管理をつかさどる技術者の設置は別です。

 

よって、土木一式工事や建築一式工事の中に他の専門工事が含まれている場合は、工事を自ら行う場合は、以下のように行う必要があります。

 

原則として、一式工事の技術者とは別に、当該一式工事に含まれる専門工事の適正な施工の確保のため、その専門工事の主任技術者の資格を持つ専門技術者を配置しなければなりません(建設業法第26条の2第1項)。

 

一式工事の許可を取得して、その許可業種の主任技術者を現場に配置すれば大丈夫というわけではなく、工事に含まれる専門工事の主任技術者としての資格を持つ専門技術者の配置が別個必要です。

 

また、附帯工事を行う場合も、以下のような規定が建設業法にあります。

 

建設業者が許可を受けた建設業に関する建設工事の附帯工事を自ら施工する場合においても、附帯工事に関する主任技術者としての資格を持つ専門技術者の配置が別個必要です(建設業法第26条の2第2項)。

 

さて、専門技術者に必要な資格は、当該専門工事の許可業者が工事現場に設置する主任技術者に要求される資格と同じです。

 

なお、当該一式工事等の主任技術者や監理技術者が、同時に専門工事に関する必要な資格を持っている場合には、当該工事の専門技術者を兼務することができます。また、軽微な工事の場合は、専門技術者の配置は不要です。

 

まとめとして

 

専門技術者とは、建設工事の中で専門工事の際に配置する技術者の中で主任技術者の資格を満たす者のことをいいます。

 

基本的に、専門工事に配置される主任技術者ですが、「一式工事を自ら行う場合」や「附帯工事を自ら行う場合」には、その専門工事の主任技術者の資格を満たす専門技術者を配置する必要があります。

 

建設工事を施工する業者は、すべての工事にその工事に該当する主任技術者や監理技術者を配置する必要があります。

 

一式工事や附帯工事についてはどうでしょうか?

 

この場合、下請に出す場合は許可業者を使用し、自ら行う場合は主任技術者としての資格を満たす専門技術者の配置が必要です。

 

ただし、請負金額が500万円(税込)未満の軽微な建設工事の場合は、専門技術者の配置は必要ありません。