現場に配置される現場代理人と配置技術者の関係とは?

 

監理技術者主任技術者は、一定の資格要件をクリアーして、建設現場に配置しなければならない配置技術者をいいます。

 

専任技術者も一定の資格要件をクリアーして、営業所に常勤しなければいけない技術者です。それぞれの役割は以下のようになります。

 

技術者の種類 役割
主任技術者
現場の施工管理
監理技術者
現場の施工管理および下請業者の指導監督
専任技術者
契約の締結の管理および履行の管理

 

主に、配置技術者(監理技術者、主任技術者)は、工事の施工の管理や下請けの管理という工務がその仕事です。

 

対して専任技術者は、営業所に基本的に常勤し契約の管理(締結と履行の管理)を行う法務的な部分が強い仕事になります。

 

さて、ここで専任技術者の仕事面で、現実的な問題が発生します。果たして、契約の履行の管理を営業所に常勤したままでできるでしょうか?複数の現場が発生したり、遠方の現場の場合、充分に職責を果たせるでしょうか?現実的には、難しいのではないのでしょうか?

 

このようなことを解消するために建設業法では、現場代理人を現場に配置することを請負契約で許しています。

 

本日は、現場管理人とは何か?また、配置技術者との関係について解説したいと思います。

 

現場代理人とは何か?

 

現場代理人とは、建設工事の請負契約に定めることにより設置するもので、建設業法では以下のように定義されています。

 

建設工事請負契約の的確な履行の確保をするため、工事現場の取り締まりのほか、工事の施工および契約関係事務に関する一切の事項を処理するものとして工事現場に置かれる請負人の代理人のことです(建設業法第19条)。

 

現場代理人は、請負人の代理人として、契約の的確な履行の確保の管理が役割です。そのため、施工の確保の管理を役割とする配置技術者(監理技術者、主任技術者)とは、性質や概念の上で区別し捉えることが大切です。 ただし、適正な施工の確保の管理をする上で、現場代理人と配置技術者(監理技術者、主任技術者)とは、密接な連携が必要です。

 

  • 現場代理人と、配置技術者(監理技術者、主任技術者)の兼任

 

国土交通省の中央建設業審議会で作成された公共工事標準請負契約約款等では、配置技術者(監理技術者、主任技術者)と現場代理人は兼務できるとされており、実際兼務して運用されているケースが多いです。

 

まとめとして

 

専任技術者と配置技術者(監理技術者、主任技術者)、現場代理人の役割と根拠については、以下のようになります。

 

技術者等の種類 役割 根拠
主任技術者
現場に配置して、適正な施工の確保の管理を行う
建設業法第26条
監理技術者
現場に配置して、適正な施工の確保の管理および、下請の指導監督をする
建設業法第26条
専任技術者
営業所に常勤して、契約の締結と履行の管理を行う
建設業法第7条第2号
現場代理人
現場に配置して、契約の履行の確保の管理を行う
建設工事請負契約

 

※ 配置技術者(監理技術者、主任技術者)と現場代理人は兼務できるとされており、実際兼務して運用されているケースが多いです。

 

現場代理人は、現場に配置された請負人の代理人で、その役割は「契約の履行の的確な確保の管理」です。

 

そのため、配置技術者(監理技術者、主任技術者)との相違点は、「工事の施工の確保の管理」か?、「契約の履行の確保の管理」か?になります。

 

専任技術者との相違点は、「営業所に常勤」か?、「現場に配置」か?になります。

 

すべてにおける相違点は、現場代理人は「請負契約」が根拠で、その他は「建設業法」あるということです。

 

これらの違いは、法律上、全く役割の性質が異なってきますので、ご注意ください。