工事現場に配置される主任技術者の役割と資格はどのような内容か?

建設業法では、基本的に建設工事の施工にあたっては、主任技術者または監理技術者を現場に配置しなければなりません。

 

このことについて、建設業法では以下のように記載されています。

 

建設工事の適正な施工を確保する観点から、建設工事の現場には建設工事の施工に関する一定の資格や経験をもつ技術者を配置しなければなりません(建設業法第26条)。

 

発注者(施主)から直接請負った特定建設業者が現場に監理技術者を配置しなければならない場合を除き、建設業者は、請負金額の如何に関わらず請負ったすべての工事について、工事現場に主任技術者を配置しなければなりません。

 

この主任技術者は、建設業者と直接的かつ恒常的な雇用関係にあることを必要とされ、いわゆる在籍出向者等は認められません(管理技術者制度運用マニュアル)。

 

また、公共工事については、以下のような規定があります。

 

公共性のある工作物に関する建設工事で3,500万円(建築一式工事の場合は、7,000万円)以上のものについては、工事現場ごとに専任者でなければなりません(建設業法第26条)。

 

さて、本日は上記のような主任技術者についての役割と資格について解説をしたいと思います。

 

主任技術者の役割と資格

 

主任技術者の役割について、建設業法では以下のように規定されています。

 

工事現場における建設工事を適正に実施するため、当該建設工事の施工計画作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理および当該工事の施工に従事する者の技術上の指導監督の職務を行います(建設業法第26条の3)。

 

前回の記事で専任技術者の役割は、請負契約の管理(締結の管理と履行の管理)と書きましたが、主任技術者は実際の工事の「施工の管理」が主な仕事になります。

 

ここのところの区別は、はっきりさせといた方がいいです。

 

主任技術者の役割を具体的にいうと、建設工事の施工にあたり、施工内容、工程、技術的事項、契約書および設計図書の内容を把握したうえで、その施工計画を作成し、工事全体の工程の把握、工程変更への適切な対応等具体的な工事の工程管理、品質確保の体制整備、検査および試験の実施等および工事目的物、工事仮設物、工事用資材等の品質管理を行うとともに、当該工事の施工に従事する者を技術的に指導監督をすることとなります。

 

このような役割のある主任技術者になるための資格要件とは、どのようなものがあるのでしょうか?以下に、解説をさせていただきます。

 

  • 主任技術者の資格要件

 

許可に関する建設工事についての指定学科の高校、専修学校卒業後5年の実務経験者、大学の指定学科卒業後3年の実務経験者
許可に関する建設工事についての10年の実務経験者
①または②と同等以上の知識、技術、技能があると認められる国家資格者等

 

※ これらの資格要件は、一般建設業の場合に営業所に置く専任技術者と同じになります。

 

まとめとして

 

再度確認しますが、営業所に常勤で配置される専任技術者の役割は請負契約の締結と履行の管理で、現場に配置される主任技術者の役割は、建設工事の施工の管理になります。

 

主任技術者になるための資格要件は、専任技術者の資格要件と同じです

 

建設工事は、他の産業に比べ、独特の特殊性があります。特に「やり直しや間違え」が他の業種よりもしずらい業種でもあります。

 

技術者制度は、このような特殊な環境下での適正な施工の確保の一環としてできたものといえます。