監理技術者と主任技術者の役割の内容を教えてもらいたい!

 

建設工事現場に配置する配置技術者には、監理技術者と主任技術者があります。

 

監理技術者は、特定建設業者で、4,000万円(税込)以上(建築一式工事の場合は、6,000万円(税込)以上)の元請工事を下請に出す場合、現場に配置すべき技術者になります。

 

基本的にこれ以外の工事の場合は、主任技術者を配置することになります。

 

さて、この監理技術者と主任技術者はどのような役割ものもと、現場に配置されるのでしょうか?

 

本日は、この役割を明確にした監理技術者制度運用マニュアルについて解説をしたいと思います。

 

監理技術者制度運用マニュアルにおける技術者の役割

 

監理技術者と主任技術者は建設工事現場に配置される配置技術者であることは、先にご説明いたしました。

 

それでは、それぞれの技術者は、具体的に現場でどのような仕事をするのでしょうか?下記にそれぞれの技術者の役割について解説したいと思います。

 

  • 元請の管理技術者等の役割など

 

元請の管理技術者等
役割
・請負った建設工事の統括的施工管理
施工計画の作成
・請負った建設工事全体の施工計画書等の作成
・下請の作成した施工要領書等の確認
・設計変更等に応じた施工計画書等の修正
工程管理
・請負った建設工事全体の進歩確認
・下請間の工程調整
・工程会議等の開催、参加、巡回
品質管理
・請負った建設工事全体に関する下請からの施工報告の確認、必要に応じた立会確認、事後確認等の実地確認
技術的指導
・請負った建設工事全体における主任技術者の配置等法令遵守や職務遂行の確認
・現場作業に係る実地の総括的技術指導

 

  • 下請の主任技術者の役割など

 

下請の主任技術者の役割
役割
・請負った範囲の建設工事の施工管理
施工計画の作成
・元請が作成した施工計画書等に基づき、請負った範囲の建設工事に関する施工要領書等の作成
・元請等からの指示に応じた施工要領書等の修正
工程管理
・請負った範囲の建設工事の進歩確認
・工程会議等への参加(※)
品質管理
請負った範囲の建設工事に関する立会確認(原則)
・元請(上位下請)への施工報告
技術的指導
・請負った範囲の建設工事に関する作業員の配置等法令遵守の確認

 

※ 技術者が非専任の場合は、毎日行う会議等への参加はしないが、要所の工程会議等には参加し、工程管理が行うことが求められます。

 

  • 下請の主任技術者(専ら複数工種のマネージメント)の役割など

 

専ら複数の業務のマネージメントを行う主任技術者とは、元請負人との関係においては下請負人の主任技術者の役割を担い、下位の下請負人との関係においては、元請負人監理技術者等の指導監督のもと、元請が策定する施工管理に関する方針等(施工計画書等)を理解した上で、元請 の監理技術者に近い役割を担うものとされています(監理技術者制度運用マニュアル)。

 

元請負人は、当該主任技術者と調整の上で専ら複数業務のマネージメントを行う主任技術者の職務について確定し、それを記載、押印等した書面を、下請負人から提出させることとされています。

 

下請の主任技術者(専ら複数工種のマネージメント)の役割
役割
・請負った範囲の建設工事の統括的施工管理
施工計画の作成
・請負った範囲の建設工事の施工要領書等の作成
・下請の作成した施工要領書等の確認
・設計変更等に応じた施工要領書等の修正
工程管理
・請負った範囲の建設工事の進歩確認
・下請間の工程調整
・工程会議等の開催、参加、巡回
品質管理
・請負った範囲の建設工事に関する下請からの施工報告の確認、必要に応じた立会確認、事後確認等の実地確認
技術的指導
・請負った範囲の建設工事における主任技術者の配置等法令遵守や職務遂行の確認
・請負った範囲の建設工事に関する現場作業に係る実地の総括的技術指導

 

まとめとして

 

監理技術者、主任技術者にはそれぞれ役割と担当する仕事が法律上明確にされています。

また、専ら複数業務をマネージメントする主任技術者は、複数の工種をマネージメントすることから、主に元請会社と下請会社の間に入り、統括的に下請会社を管理する仕事がメインです。

 

建設工事は、産業の特性から各工程において「失敗の許されない仕事」の多い作業でもあります。

 

世の中には、取り返しのつくただのミスと取り返しの利かない失敗があるといいますが、建設会社は圧倒的に後者の占める割合が多いです。

 

複雑な技術者制度の趣旨も、このことからきているのでしょう。