下請負人に指値で発注することは禁止されていますが、どのような行為が該当するのですか?

 

建設業法第19条の3「不当に低い請負代金の禁止」の中に自己の取引上の地位を不当に利用する行為のひとつとして指値発注があります。

 

指値発注とは、下請代金の金額の交渉に際して、元請負人が下請負人と充分に協議しないことや、下請負人の協議に応じることなく、今後の取引の不利益を示唆するなどをして、強制的に元請負人の指値した額で契約を締結させる行為をいいます。

 

当然、この行為は上記で説明のとおり、建設業法違反になる場合があります。

 

本日は、この指値発注に該当する行為について事例を挙げて解説をしたいと思います。

 

指値発注において建設業法に触れる行為の事例

 

下請代金の金額交渉において、元請負人が自らの希望額を下請負人に提示(指値)することは、契約交渉の過程において通常行われる行為であり、直ちに建設業法違反となる行為ではありません。

 

ただし、自己の取引上の地位を不当に利用して、元請負人が下請負人と充分に協議しないことや、下請負人の協議に応じることなく、今後の取引の不利益を示唆するなどをして、強制的に元請負人の指値した額で契約を締結させる行為は、建設業法違反となるおそれがあります。

 

今回は、指値発注において「建設業法違反になるおそれのある行為」と「建設業法違反になる行為」について解説したいと思います。

 

  • 建設業法違反になるおそれのある行為

 

元請負人が、自ら予算額のみを基準として、下請負人との協議を行うことなく一方的に下請代金の額を決定して、その額で下請契約を締結した場合
元請負人が、合理的な根拠がないにも関わらず、下請負人による見積金額を下回る金額で下請代金を一方的に決定し、その金額で下請契約を締結した場合
元請負人が、下請負人に対して、他の下請負人から提出された低額の井見積金額を一方的に下請代金の金額として決定し、その金額で下請契約を締結した場合

 

  • 建設業法違反になる行為

 

元請・下請間で請負代金の金額に関する合意が得られない段階工期についてはこちら)で、下請負人に工事を着手させて、施工の途中または工事終了後に元請負人が下請負人との協議に応じることなく下請代金の金額を一方的に決定し、その金額で下請契約を締結した場合
元請負人が、下請負人が見積を行うための期間を設けることなく、自らの予算額を下請負人に提示して、下請契約締結の判断をその場で行わせ、その金額で下請契約を締結した場合

 

まとめとして

指値発注についての違反行為か否かについての判断は、難しいところです。なぜならば、元請負人が自らの希望額を下請負人に提示(指値)することは、契約交渉の過程において通常行われる行為でありその行為自体に違法性はありません。

 

ただし、自己の取引上の地位を不当に利用して一方的に行った場合、違法性が持たれる場合があるということです。

 

今回、「建設業法違反になるおそれのある行為」と「建設業法違反になる行為」について解説しましたが、特に前者は直ちに違法性を問うには、いろいろと法律的な証拠などが必要になると感じます。

 

ただし、後者については、明らかに契約書面の事前の交付、押印義務に反したり、法的な見積り期間を設けないなどの建設業法違反から始まっています。

 

そのため、そもそもが違法な発注であることから、建設業法第19条の3に対する違反行為についても追及がしやすいとなります。

 

このように、元請・下請関係では、発注に対しても注意が必要です。