建設工事請負契約の締結において工期の設定について、注意する点とは?

 

下請契約において、工事の変更などが発生した場合には、それに伴い工期も変更になると思います。 適正な元請・下請関係を構築するためには、事前に取り決めを行った工事内容や工期、金額等の契約内容に変更があった場合は、必ず変更契約書を作成しお互いに記名押印の上、双方に交付する必要がある旨は、以前解説しました。

 

この際に「追加工事等が発生しているにも関わらず、合理的な理由がないままに、下請契約の変更に応じない行為は建設業法違反になります。」と、解説したと思います。

 

上記の変更契約に応じられない合理的理由とは、①追加工事等の内容が直ちに確定できないときと、②工事着工後の工期変更、追加工事の変更後の工期が確定できないときが、挙げられる旨をご説明しました。

 

この際には、所定の事項を事前に書面で確認を行い、変更内容が確定し次第に遅滞なく契約書面を作成し締結する必要があります。

 

さて、建設工事において変更契約を行う場合、当然、工期の変更も考えられます。本日は、工期の変更も含めて、正しい工期の設定について解説したいと思います。

 

建設工事請負契約の締結において工期の設定

 

元請負人と下請負人は、建設工事にあたり請負契約を締結に当たり適切な工期を設定して、きちんとした工程管理のもとで、できる限り工期に変更がないようにお互いに努力する必要があります。

 

ただし、現場の状況によっては、やむを得ず工期の変更をする必要になることがあります。この場合は、変更内容を書面化してお互いに署名または記名押印の上、相互に交付しなければなりません(建設業法第19条第2項)。

 

  • 工期に変更が生じた場合は、変更契約書を締結する必要がある

 

工期の変更に関する変更契約の締結に際しても、他の変更契約の締結のときと同様に、元請負人は、速やかに当該変更に係る工期や費用等について、下請負人と充分に協議を行う必要があります。

 

また、合理的理由もなく元請負人の一方的な都合で、下請負人の申し出に応じずに、必要な変更契約の締結を行わない場合は、建設業法違反に該当します。

 

  • 下請負人の責めに帰すべき理由がないにも関わらず、工期変更となり、これに起因する下請工事の費用が増加したとき

 

元請負人の施工管理が充分に行われないため、下請負人の工期を短縮せざるを得ず、労働者を集中的に配置した等の理由により、下請負人の費用が増加した場合には、下請負人の責めに帰すべき理由がない場合、その増加した費用については元請負人が負担する必要があります。

 

  • 工事着工後の工期変更、追加工事の変更後の工期が確定しないとき

 

下請工事に着手した後に工期が変更になった場合、契約変更等の手続きは、変更後の工期が確定した段階で遅滞なく行うことになっています。

 

工期を変更する必要があると認めたが、変更後の工期が直ちに確定しない場合、次の事項について確認を行い、変更後の工期が確定した時点で契約変更の手続を行うことになります。

 

工期の変更が契約変更等の対象となること
契約変更などを行う時期を明確に記載した書面を残すこと

 

  • 適正な工期の設定

 

平成29年3月28日の働き方改革実行計画において、一定の猶予期間の後に、建設業に時間外労働の罰則付きの上限規制を適用することとされ、これに向けて建設業の生産性向上に向けた取り組みと併せて、適正な工期の設定等について民間も含めた発注者(施主)の取り組みが必要とされています(建設工事における適正な工期設定等のためのガイドライン)。

 

同ガイドラインでは、建設工事に従事する者の休日(週休2日等)の確保、労務、資機材の調達等の「準備期間」や施工終了後の「後片づけ期間」、降雨日、降雨・出水期等の作業不能日数等を適切に考慮して、適切な工期設定をすることとしました。

 

まとめとして

 

工期の変更は、下請業者にとって業者自体の運営や予定の大幅な組み換えが必要になる可能性があります。

 

建設業許可を取得している事業者の83.4%は、資本金2,000万円未満の中小零細企業であり、常に経営不振や廃業の恐れと隣り合わせにいます。

 

特に建設業許可において、専門工事のみ行う業者は全体の約90%にあたり、多くの施工は下請契約により行われます。

 

これらの業者は、工期や金額のずれが経営上大きな打撃を受ける特徴があります。元請業者はそのことも考慮に入れた施工プランの作成が重要になると考えます。

 

基本的に建設業者は、下請業者を確保する能力も元請業者としての一つの評価基準になります。適宜、適当な時に工事ができる施工能力確保のためにも下請負人に対する対応も重要になると考えます。