元請・下請の関係を適正に行う下請契約とは、どのようにすればいいのか?

 

建設業において、元請業者と下請業者の関係は建設業法第18条により以下のように定められています。

 

契約当事者のそれぞれが対等な立場における合意に基づいて公正な契約を締結し、信頼に従って誠実に履行することを契約の基本原則として定める(建設業法第18条)。

 

建設工事の請負契約は、民法における「申込と承諾」による契約の締結の大前提である「対等な立場での合意」と「信頼に従った誠実な履行」を建設業法にてあらためて確認しています。

 

建設業の業界では、従来より注文者である元請業者が強い立場に立つ反務性が指摘されていました。そのため、この状況を是正するため契約に関する書面の交付を法律で義務付け、また、記載内容についても必要的記載事項として14項目を定め、内容の不明確、不正確に起因する後日の紛争の原因を取り除く努力が建設業法においてなされています。

 

民法では、契約の当事者による合意により契約は締結するため、口頭のみでも適法な契約を行うことが可能でしたが、建設業法では、口頭の契約では内容が不明確、不正確となり、後日紛争の原因になることから契約の重要事項(14項目)については、具体的に書面で取り決め、双方の記名押印しお互いに交付すべきことを定めています(建設業法第19条)。

 

さて、本日は上記の内容を踏まえて元請・下請の関係を適正に行う下請契約について、どのように行うべきかを解説したいとお思います。

 

元請・下請の関係を適正に行う下請契約について、どのように行うべきか

 

建設業の生産活動は、総合的な監督機能を担う総合建設業者と直接施工機能を担う専門工事業者が、それぞれ対等の協力者としてその負うべき役割に応じて責任を果たすべきと考えられています。

 

そのため、適正な元請・下請の関係の構築が不可欠ということになりますが、この関係を構築するためにそれぞれには、対等な立場による合意に基づいて適正な手順による下請契約の締結が不可欠になります。

 

下請契約の締結に不可欠な「適正な手順による下請契約の締結」とは、どのようなものをいうのでしょうか?具体的には、次のような手順がそれぞれに適正に行われることをいいます。

 

  • ①見積り

 

注文者が行う見積依頼は、工事内容を明確にする事項、支給品の有無、支払い条件等の下請負人がどのような金額で契約をするべきかを判断する上で必要な事項を記載した書面で行いましょう。
見積期間は、下請負人が適切に見積りを行うために必要な期間を設けなければなりません。
現場説明・図面渡し・質疑応答等
現場説明等により見積条件の明確化を図り、職務権限のある者の間では迅速に見積条件を確定させましょう。

 

  • ②金額折衝・契約締結

 

見積書提出
下請負人は、注文者から請求があった場合には、契約成立前に見積書を交付しなければなりません。見積書は、「工事の種別」ごとに「経費の内訳」が明らかになるように努めなければなりません((建設業法第20条第1項、第2項)。
金額折衝
それぞれ対等な立場における合意に基づいて公正な契約をしなければなりません。注文者は、自己の取引上の地位を不当に利用して、通常必要と認められる原価に満たない金額で契約を締結してはなりません(建設業法第19条の3)。

 

まとめとして

 

本日は、適正な手順による下請契約の締結について大枠を解説しました。注文者から見積依頼を受けてから見積書の提出、金額折衝、契約締結に至るまで、注意すべき点が流れとして把握できると思います。

 

下請問題の多くは、上記の適正な手順による下請契約の締結がなされていない場合に起こる現象?と考えてもいいかもしれません。

 

元請業者は、基本的に商売ですから、自社の利益の最大限の確保を目的にする原則があります。ただし、野放図にその活動を認めると必ず、立場の弱い下請業者にそのしわ寄せがきます。

 

通常、商品を販売する場合、商品の品質アップ等により顧客に利益の分を負担させることが、社会的に合理的な経済活動の促進につながると考えられるのですが、実際は、販売のしやすさなどから、なかなか顧客に対してそれを行うことは勇気がいることです。

 

このことは、建設業にもいえます。たとえ、建設工事のグレードアップなどにより価格が上昇しても、それを顧客である発注者(施主)に負担を求めることは難しいと思います。

 

人間はどうしても合理的な理由が明らかでも、リスクの伴う強い立場の人間への説得は避け、目先のリスクの少ない弱い立場の人間への泣きの強要に走りがちです。

 

ただし、このような人間の「易きに流れる」性向をそのままにしておくと、業界自体衰退しかねません。建設業法は、このような業界の性向に歯止めをかける役割もあるのです。