建設工事の請負契約とは、どのような性質の契約をいうのでしょうか?

 

建設業とは、建設業法第2条よって以下のように定義されています。

 

建設業とは、元請や下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請負うことをいいます(建設業法第2条)。

 

まとめれば、「建設工事の完成を請負うこと」を建設業といいます。

 

ここで云う請負とは、当事者の一方がある仕事を完成することを約束して、相手方が仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束することをいいます(民法第632条)。

 

そのため、雇用や委任・準委任、建物の販売などの契約とは基本的に異なる考え方をとっています。

 

建設業の請負契約について正しい認識がない場合、「職安法第44条が禁止する労働者供給事業」に該当して処罰の対象になったり、支払いや業務の履行に対して滞りを生じ、結果不良工事の発生やや公共の福祉を害してしまうことになりかねません。

 

また、元請、下請間のトラブルも契約内容の不理解等により発生する場合が、往々に考えられます。

 

このようなことが無いように、このブログでは建設業法で考える適正な請負契約についての解説を開始したいと思います。

 

請負、雇用、委任・準委任の違い

 

請負とは、当事者の一方がある仕事を完成することを約束して、相手方が仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束することをいいます(民法第632条)。

 

この請負と酷似した概念としては、雇用と委任・準委任があります。

 

雇用とは、当事者一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対して報酬を支払う契約です(民法第623条)。

 

請負契約と異なることは、仕事の完成に対する危険の負担は報酬を支払う相手方にあり、労働者の側にはありません。そのため、仕事の進行に対する責任が相手方にあるため、「時間単価」での契約が基本的に可能になります。

 

委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託する契約であり、準委任は、当事者の一方が事実行為をすることを相手方に委託する契約であります(民法第643条)。

 

委任・準委任契約に共通する考え方として、「信頼関係」に基づく契約になります。このことは、仕事の完成を約する請負契約と異なり、仕事が完成しなくても履行の割合に応じて「信頼関係に対する対価」が発生します。

 

そのため一般的に業として委任・準委任契約を行うためには、信頼関係を担保する国家資格等が必要な場合が一般的で、一例を挙げれば「弁護士との契約は委任契約」に一般的になり、「医師との医療契約は準委任契約」になります。

 

  • 請負、雇用、委任、準委任契約の区別を表にしてみた!

 

民法でいうところの請負、雇用、委任・準委任契約はそれぞれ以下のように区分されます。

 

請負契約 雇用契約 委任・準委任契約
契約の目的
仕事の完成 労務の提供 労務の提供
仕事の裁量権(危険の負担)
労務提供者 使用者 労務提供者

 

特に、本来雇用契約で行うべきところを請負や委任・準委任契約と偽装して行う契約で、問題になる部分は「仕事の裁量権」が、実態として使用者にあるのか労務提供者側にあるのかで基本的に判断されます。

 

実態が建設工事の完成を請負ならば、全て建設工事請負契約とみなす

 

建設業において、現実に締結される契約は、建設工事の完成するものであっても必ずしも請負という言葉を使用していないことがあります。

 

そのため建設業法では脱法行為を防ぐために、委任・準委任、雇用、業務委託などその他いかなる名義を用いようとも以下のように工事請負契約とみなすこととしています。

 

実質的に報酬を得て建設工事の完成を目的として締結する契約は全て建設工事の請負契約とみなして建設業法を適用することにします(建設業法第24条)。

 

なお、売買契約と請負契約の混合契約と考えられる制作物供給契約により建設工事の完成を約する場合は、建設工事の請負契約に該当すると解釈されています。

 

まとめとして

 

建設業に関わらず人材の確保は重要です。不定期な仕事や金額の安定しない受注状況で、必要な時に必要な人員を確保できれば、発注先に施工能力の一部として評価の対象となると考えます。

 

今後、安定した受注体制の確保のためにも、人材確保の仕組みは重要になると考えます。

ただし、そのような中で脱法行為を行い、「職安法第44条が禁止する労働者供給事業に手を出す業者も後を絶ちません。

 

このようなことのないように、本日の請負契約に対する考え方を先ずご理解いただくことが必要に思います。

 

なお、行政書士は契約書文案の作成や内容のチェックも重要な業務の一つです。お悩みの場合は、是非ともご連絡ください。