建設業許可を受けた業者は、その店舗に標識を設置する必要があります。どのような内容を掲載するのか?

 

建設業許可を受けた業者の方は、その全ての店舗に標識を掲げなければなりません。

 

建設会社を訪問された方は、たまに入口の受付部分などに建設業許可に関する標識を目にされたことがあると推察します。

 

どのような業種の許可を、いつ許可されたのか?など、請負契約に関して重要な情報が掲載されていると思います。

 

本日は、「店舗に掲載する標識」について、どのような内容を掲載するのかについて解説したいと思います。なお、「現場に掲載する標識」については、別の機会に解説をしたいと思います。

 

建設業許可の許可票に掲載する内容

 

建設業許可を受けた建設業者は、すべての店舗ごとに、一定の標識を掲載しなければなりません。この標識は、一定の項目を記載して定められた様式に従って作成しなければならず、大きさも決まっています。

 

標識の設置場所は、一般の人(公衆)が見やすい場所でなければなりません(建設業法第40条)。

 

よくある設置場所は、会社の建物入口を入ってすぐの受付前が一般的です。

 

具体的な掲載内容については、以下のようになります。

 

(画像は、アスクルより)

 

一般建設業又は特定建設業の別
一般建設業か特定建設業かについて記載します。一般建設業と特定建設業の違いについては、リンクを確認ください。
許可年月日、許可番号及び許可を受けた建設業
許可を受けた際に発行される許可通知書に書かれた許可年月日、許可番号および許可を受けた建設業を掲載します。なお、許可を得ているすべての業種について掲載します。
商号又は名称
法人ならば法人の正式名称(例:株式会社〇〇〇)、個人ならば許可を受けた名称
代表者氏名
法人ならば法人の代表者名(例:代表取締役 〇〇 〇〇)、個人ならば個人名
この店舗で営業している建設業の業種
専任技術者を配置した営業所ごとの許可業種を掲載します。業種については、リンクを確認ください。

 

※ たて35㎝、よこ40㎝以上

 

まとめとして

 

建設業許可票は事務所の入口部分を飾る重要なアンティークの役割もします。安いものでは、アルミ複合板のもので、8,000円(送料・消費税無料)で入手可能です。

 

ただ、多くの建設会社様は、15,000円~20,000円くらいかけて「金看板」を作成する方が多いです。

 

この方が、やはり受付の見栄えがいいです。せっかく許可を取得したのだから、信用がいただけるように受付を彩りたいものですね。