2つの一式工事と27の専門工事の違いとは?一式工事を取れば、すべての工事を請負えるのではない!

 

建設業許可の業種区分には、2つの一式工事と27の専門工事が存在します。よくある質問に、「一式工事の許可を取得すれば、すべての業務を請負えるのですか?」というものがあります。

 

確かに、一式工事の許可を受ければ、どんな建設工事も請負えるようなイメージをもたれることは仕方ないと思います。

 

ただし、結論からいえば一式工事の許可を受けていても専門工事を受ける場合は、該当する業種区分の専門工事の許可が必要です。そもそも、一式工事とは、以下のような工事をいいます。

 

一式工事の許可とは、元請業者の立場総合的な企画、指導、調整の下に建設する工事であり、複数の下請業者によって施工される大規模かつ複雑な工事を行う場合の業種区分をいいます。

 

このことを踏まえて、一式工事と専門工事の違いについて考えていくとわかりやすいと思います。

 

一式工事と専門工事の違い

 

先に、一式工事について解説しましたが、対する専門工事とはどのようなものをいうのでしょうか?

 

専門工事の許可とは、工事内容の専門性に着目して区分された個別の工事の業種区分で、一式工事とみられる大規模、複雑な工事等を除いたものをいいます。

 

まとめれば、一式工事は、総合的な企画、指導、調整のもと行う工事をいいます。対して、専門工事は、個別の工事をいいます。

 

建設業の営業において必要な業種区分は、請負契約の内容によって判断されます。個別の工事の請負であれば、その工事に対応した専門工事の許可が必要で、一式工事では請負うことはできません。

 

なお、元請けの立場で一式工事を請負った場合、通常、一式工事の内容に個別の専門工事が含まれると思いますが、その施工に当たっては専門工事に対応した技術者の配置が必要です。

 

まとめとして

 

例えば、ある建設会社が建築一式工事の許可を取得していたとします。1,600万円(税込)で元請けの立場で建築一式工事を請負いました。

 

この場合、下請業者に対してそれぞれの専門工事を出すと思います。この場合、500万円(税込)以上の場合は、専門工事に対応した許可を取得した下請業者を使用し指導すれば足ります。

 

さて、専門工事を一部自分の会社で施工する場合はどうでしょうか?その工事の金額が500万円(税込)以上の場合は、専門工事に対応した許可を取得する必要がありませんが、許可に対応した技術者を配置する必要があります。

 

一式工事はあくまでも元請けの立場で下請業者に仕事をさせる場合の許可です。

 

実は、このことを誤解して、一式工事の許可を取得すれば、どんな工事も可能であると誤解している建設会社様が多いです。

 

当然、誤解したまま工事を進めると、無許可営業になる可能性があります。このようにならない様に、予め行政書士にご相談ください。