ネットショップによるリサイクルショップの許可申請は、どのようにするのですか?

 

通常、リサイクルショップなどを行う場合、実店舗が存在する営業所(営業所のない者は、住所または居所)を管轄する都道府県の公安委員会から古物商の許可を受けることは先般、解説いたしました。

 

しかし、昨今のインターネット環境の整備により、ネットショップによりリサイクルショップを営みたいと考える方が増えてきています。

 

これは、上手に運営を行えば、全国からの問い合わせが可能になり、集客活動の面でも理論的には広告費の節約が見込まれるだろうことから、ビジネスとしてはかなり有望な活動であろうと思います。

 

そんなことから、本日はネットショップでリサイクルショップを行う場合に、どのような許認可手続が必要なのか解説したいと思います。

 

ネット型リサイクルショップの許認可手続

 

インターネットとはいえ、自宅で行うとはいえ、事務所に当たるスペースがあるので「古物商の許可」を、実店舗が存在する営業所(営業所のない者は、住所または居所)を管轄する都道府県の公安委員会に申請して受ける必要がありそうです。

 

しかし、ネットショップで行う場合は、実店舗に関して許可申請を行う予定の公安委員会へ、ネットショップのURLを登録をすればいいだけです。

 

具体的な申請方法をいいますと、古物商許可申請書URLの使用権限を疎明する書類を管轄の公安委員会に提出するだけです。もちろん申請窓口は、古物商の許可同様に警察署の生活安全課になります。

 

ちなみに、URLの使用権限を疎明する書類は、プロバイダーが交付する通知書の写しで大丈夫です。

 

まとめとして

 

比較的に、インターネットでリサイクルショップを行う場合は、手続きが簡単です。こんなことから、近年ネットショップによるリサイクルショップは、必然的に増加傾向にあります。

 

簡単に始められるネットショップだからといって、登録をすれば全て大丈夫というわけではありません。

 

取引に関する本人確認など、実際に業務を行うにあたり詳細な決め事が存在します。このネットショップで古物商を行う場合の注意点については、次回以降の記事で解説したいと思います。

 

本日は、ネッツとショップでリサイクルショップを行う場合は、「古物商の許可は不要」で「URLの登録が必要」ということだけでも覚えていただければ幸いです。