産業廃棄物収集運搬業許可の5つの要件とは?

 

本日より、産業廃棄物収集運搬業許可を受けるための5つの要件について解説します。建設業許可や宅建業許可でも、許可を受けるためには要件があります。

 

この許可要件を全て満たさなくては許可を受けることができないことは、産業廃棄物収集運搬業許可でも同じです。

 

廃棄物処理法では、申請者が施設および申請者の能力がその事業に的確に、かつ、継続して行うに足りるもので、欠格条項に該当しないと認めるものでなければ、都道府県知事は許可をしてはならないと定めています。

 

このことから、許可を受けるためには、以下の5つの要件を全て満たす必要があります。

 

講習会を受講していること
経済的基礎を有していること
適法かつ適切な事業計画を整えていること
収集運搬のための施設(車輌等)があること
欠格条項に該当しないこと

 

さて、本日はこの中の①講習会を受講していることについて解説してみたいと思います。その他の要件については、次回以降の記事で解説します。

 

講習会を受講していること

 

産業廃棄物収集運搬業許可の申請を行うためには、「(公財)日本産業廃棄物処理振興センター」が実施する講習会を受講し、修了証を取得しなければなりません。受講者は、個人の場合は本人または代表者、法人の場合は代表者、役員、事業所の代表者です。

 

この講習会の修了証を発行されるということは、先に説明した「申請者の能力がその事業に的確に、かつ、継続して行うに足りるもの」であることの証明になり、都道府県知事がその証明書類として都道府県知事が認めるものです。

 

新規の講習会の修了証の有効期間は5年間で、更新の場合は2年間有効となります。

 

  • 講習会申込から修了証取得までの流れ

 

講習会申込
講習会受講
▼(2日間5科目)
修了試験
合  格
▼(約3週間)
修了証交付

 

※ 不合格の場合は、再試験を2回まで受けることができます。

 

まとめとして

 

本日は、産業廃棄物収集運搬業許可を受けるための5つの要件について例示し、その中で講習会を受講する要件について解説しました。その他の要件については、次回以降の記事で解説させていただきます。

 

ほとんどの許可にいえることですが、法律等で事前に「許可業者にふさわしい要件」を定められています。要するに、「これと、これと、これを満たしたら許可は与える!」というように基準が明確に決まっているものがほとんどです。

 

公の期間が下すものなので、公平性の観点から当たり前と思います。産業廃棄物収集運搬業に限らず、行政書士は要件チェックの専門家です。是非、事前に要件の確認をされることをお勧めします。