投稿者:tajibiki0825

29業種(種類)の中の「熱絶縁工事業」とは?

 

建設業許可による業種区分は、建設工事の種類ごとに29業種に区分しています。内訳は、2つの一式工事と27の専門工事に区分されます。

 

新規で建設業許可の取得を希望する方からよくある質問に、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」というものがあります。

 

厳密にいえば、「〇〇工事をやっている建設会社ですけど、建設業許可を取得するにはどうすればいいか?」の方が正確かと思います。

 

当事務所では、このような問い合わせに対して次のような手順で、回答しています。

 

まず、「最新の建設業許可の手引き」および「建設業許可事務ガイドライン」にて、該当する建設業許可の業種を確認します。
次に、相談者が「建設業許可の要件」を満たしているか否かの確認を行います。この要件を満たしていない場合は、許可が受けられませんし、許可が下りた後でも要件を満たさなくなった場合は、許可が失効します。

 

上記の2点を確認したうえで、実際の許可を受けるための書類作成のスケジュールおよび費用をお見積りさせていただきます。

 

上記の2点の確認は、素人が行うと業種区分の細かな間違え要件に対する認識の誤りから、せっかく許可申請したのに許可が下りないというもったいないミスが発生する事が多々あります。必ず、上記の2点については、専門の行政書士にご相談ください

 

さて、本日は上記の業種区分「熱絶縁工事業」についての、確認方法について解説をしたいと思います。

 

まず、建設業許可の手引きを使用した業種の確認する

 

各都道府県には、建設業許可を取得するための手引きが配布されていると思います。この手引きの中の「建設工事と建設業の種類」の箇所を確認し、相談者のいう工事がどの業種区分に該当するかを確認します。

 

ちなみに、「熱絶縁工事」は、以下のような内容になります。

 

① 建設工事の種類:熱絶縁工事業
② 内容:工作物または工作物の設備を熱絶縁する工事
③ 例示:冷暖房設備、冷凍冷蔵設備、動力設備または燃料工事、化学工業等の設備の熱絶縁工事、ウレタン吹き付け断熱工事

 
さて、上記の手引きの内容や例示によって、相談者が取得したい許可が「熱絶縁工事に間違いないと確認ができた場合や、手引書のみでは判断が付かない場合などは、「建設業許可事務ガイドライン」によって、本当に間違いないかを確認します。

 

次に、建設業許可事務ガイドラインを使用し、業種のダメ押し確認する

 

建設業許可の手引きを使用した業種区分の確認ができた後に、次は「建設業許可事務ガイドライン」を使用して、手引きを使用した判断に間違えが無いか確認をします。これは、手引きのみの確認では、類似した建設工事の区分が正しく確認できないためです。

 

ちなみに、「熱絶縁工事」については、建設業許可事務ガイドラインには、許可業種区分に対する考え方は言及されていません

これは、熱絶縁工事に関する業種区分は、特に疑義が発生するものが無いということでもあります。もしも、本当にダメ押しをするのであれば、許可行政庁に電話で確認を行うといいかもしれません。

私の場合は、「念のための確認ですが、主に冷暖房設備工事をする業者です。建設業許可の業種区分は、手引書の通り「熱絶縁工事」で間違いありませんね?」と、あくまでも確認であることを強調して電話します。

類似し担当官庁によく問い合わせのあるケースや、過去の誤った業種区分による工事の施工事例などをもとに「建設業許可事務ガイドライン」は、国土交通省により作成されています。

 

必ず、業種区分の確認の際は、このガイドラインを一読してください。なお、建設業許可事務ガイドラインは、役所の担当官もこのガイドラインで建設業許可を勉強しています。

 

そのため、行政書士には必読のものであることは当たり前ですが、建設会社の方も全体を通してご覧いただくことをお勧めします。

 

まとめとして

 

本日は、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」という質問に対し、「熱絶縁工事」について解説をさせていただきました。

 

再度申し上げますが、業種区分の確認は、「① 手引きによる確認」→「② 建設業許可事務ガイドラインによる確認」の2工程を必ず行ってくいださい。

 

業種区分を間違えると、その後の「許可要件の確認」を誤ってしまい、許可申請自体が無効になる場合があります。

 

無許可での建設工事が発覚すると、許可の取り消しはもちろん、罰則や新規の許可取得に制限がかかります。くれぐれも、自己判断せずに行政書士を活用ください。

29業種(種類)の中の「機械器具設置工事業」とは?

 

建設業許可による業種区分は、建設工事の種類ごとに29業種に区分しています。内訳は、2つの一式工事と27の専門工事に区分されます。

 

新規で建設業許可の取得を希望する方からよくある質問に、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」というものがあります。

 

厳密にいえば、「〇〇工事をやっている建設会社ですけど、建設業許可を取得するにはどうすればいいか?」の方が正確かと思います。

 

当事務所では、このような問い合わせに対して次のような手順で、回答しています。

 

まず、「最新の建設業許可の手引き」および「建設業許可事務ガイドライン」にて、該当する建設業許可の業種を確認します。
次に、相談者が「建設業許可の要件」を満たしているか否かの確認を行います。この要件を満たしていない場合は、許可が受けられませんし、許可が下りた後でも要件を満たさなくなった場合は、許可が失効します。

 

上記の2点を確認したうえで、実際の許可を受けるための書類作成のスケジュールおよび費用をお見積りさせていただきます。

 

上記の2点の確認は、素人が行うと業種区分の細かな間違え要件に対する認識の誤りから、せっかく許可申請したのに許可が下りないというもったいないミスが発生する事が多々あります。必ず、上記の2点については、専門の行政書士にご相談ください

 

さて、本日は上記の業種区分「機械器具設置工事業」についての、確認方法について解説をしたいと思います。

 

まず、建設業許可の手引きを使用した業種の確認する

 

各都道府県には、建設業許可を取得するための手引きが配布されていると思います。この手引きの中の「建設工事と建設業の種類」の箇所を確認し、相談者のいう工事がどの業種区分に該当するかを確認します。

 

ちなみに、「機械器具設置工事」は、以下のような内容になります。

 

① 建設工事の種類:機械機器具設置工事業
② 内容:機械器具の組立て等により工作物を建設し、または工作物に機械器具を取り付ける工事
※ 組立等を要する機械器具の設置工事のみ
※ 他工事業種と重複する種類のものは、原則として、その専門工事に分類される
③ 例示:プラント設備工事、運搬機器設置工事、内燃力発電設備工事(ガスタービンなど)、集塵機器設置工事、トンネル・地下道等の給排気機器設置工事、揚排水機器設置工事、ダム用仮設備工事、遊技施設設置工事、舞台装置設置工事、サロン設置工事、立体駐車設備工事

 

さて、上記の手引きの内容や例示によって、相談者が取得したい許可が「機械器具設置工事に間違いないと確認ができた場合や、手引書のみでは判断が付かない場合などは、「建設業許可事務ガイドライン」によって、本当に間違いないかを確認します。

 

次に、建設業許可事務ガイドラインを使用し、業種のダメ押し確認する

 

建設業許可の手引きを使用した業種区分の確認ができた後に、次は「建設業許可事務ガイドライン」を使用して、手引きを使用した判断に間違えが無いか確認をします。これは、手引きのみの確認では、類似した建設工事の区分が正しく確認できないためです。

 

ちなみに、「機械器具設置工事」については、以下のように掲載されています。

 

① 「機械器具設置工事」には広くすべての機械器具類の設置に関する工事が含まれるため、機械器具の種類によっては「電気工事」、「管工事」、「電気通信工事」、「消防施設」等と重複するものもあるが、これらについては原則として「電気工事」等それぞれの専門工事の方に区分するものとし、これらいずれにも該当しない機械器具あるいは複合的な機械器具の設置が「機械器具設置工事」に該当する。
② 「運搬機器設置工事」には昇降機設置工事も含まれる。
③ 「給排気機器設置工事」とはトンネル、地下道等の給排気用に設置される機械器具に関する工事であり、建築物の中に設置される通常の空調機器の設置工事は「機械器具設置工事」ではなく、「管工事」に該当する。
④ 公害防止施設を単体で設置する工事については、「清掃施設工事」ではなく、それぞれの公害防止施設ごとに、例えば排水処理設備であれば「管工事」、集塵設備であれば「機械器具設置工事」等に区分すべきものである。

 

上記のように、類似し担当官庁によく問い合わせのあるケースや、過去の誤った業種区分による工事の施工事例などをもとに「建設業許可事務ガイドライン」は、国土交通省により作成されています。

 

必ず、業種区分の確認の際は、このガイドラインを一読してください。なお、建設業許可事務ガイドラインは、役所の担当官もこのガイドラインで建設業許可を勉強しています。

 

そのため、行政書士には必読のものであることは当たり前ですが、建設会社の方も全体を通してご覧いただくことをお勧めします。

 

まとめとして

 

本日は、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」という質問に対し、「機械器具設置工事」について解説をさせていただきました。

 

再度申し上げますが、業種区分の確認は、「① 手引きによる確認」→「② 建設業許可事務ガイドラインによる確認」の2工程を必ず行ってくいださい。

 

業種区分を間違えると、その後の「許可要件の確認」を誤ってしまい、許可申請自体が無効になる場合があります。

 

無許可での建設工事が発覚すると、許可の取り消しはもちろん、罰則や新規の許可取得に制限がかかります。くれぐれも、自己判断せずに行政書士を活用ください。

29業種(種類)の中の「内装仕上工事業」とは?

 

建設業許可による業種区分は、建設工事の種類ごとに29業種に区分しています。内訳は、2つの一式工事と27の専門工事に区分されます。

 

新規で建設業許可の取得を希望する方からよくある質問に、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」というものがあります。

 

厳密にいえば、「〇〇工事をやっている建設会社ですけど、建設業許可を取得するにはどうすればいいか?」の方が正確かと思います。

 

当事務所では、このような問い合わせに対して次のような手順で、回答しています。

 

まず、「最新の建設業許可の手引き」および「建設業許可事務ガイドライン」にて、該当する建設業許可の業種を確認します。
次に、相談者が「建設業許可の要件」を満たしているか否かの確認を行います。この要件を満たしていない場合は、許可が受けられませんし、許可が下りた後でも要件を満たさなくなった場合は、許可が失効します。

 

上記の2点を確認したうえで、実際の許可を受けるための書類作成のスケジュールおよび費用をお見積りさせていただきます。

 

上記の2点の確認は、素人が行うと業種区分の細かな間違え要件に対する認識の誤りから、せっかく許可申請したのに許可が下りないというもったいないミスが発生する事が多々あります。必ず、上記の2点については、専門の行政書士にご相談ください

 

さて、本日は上記の業種区分「内装仕上工事業」についての、確認方法について解説をしたいと思います。

 

まず、建設業許可の手引きを使用した業種の確認する

 

各都道府県には、建設業許可を取得するための手引きが配布されていると思います。この手引きの中の「建設工事と建設業の種類」の箇所を確認し、相談者のいう工事がどの業種区分に該当するかを確認します。

 

ちなみに、「内装仕上工事」は、以下のような内容になります。

 

① 建設工事の種類:内装仕上工事業
② 内容:木材、石膏ボード、吸音坂、壁紙、畳、ビニール床タイル、カーペット、ふすま等を用いて建築物の内装仕上を行う工事
③ 例示:インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、内装間仕切り工事、床仕上工事、たたみ工事、ふすま工事、家具工事、防音工事

 

さて、上記の手引きの内容や例示によって、相談者が取得したい許可が「内装仕上工事に間違いないと確認ができた場合や、手引書のみでは判断が付かない場合などは、「建設業許可事務ガイドライン」によって、本当に間違いないかを確認します。

 

次に、建設業許可事務ガイドラインを使用し、業種のダメ押し確認する

 

建設業許可の手引きを使用した業種区分の確認ができた後に、次は「建設業許可事務ガイドライン」を使用して、手引きを使用した判断に間違えが無いか確認をします。これは、手引きのみの確認では、類似した建設工事の区分が正しく確認できないためです。

 

ちなみに、「内装仕上工事」については、以下のように掲載されています。

 

① 「家具工事」とは、建築物に家具を据付けまたは家具の材料を現場にて加工もしくは組み立てて据え付ける工事をいう。
② 「防音工事」とは、建築物における通常の防音工事であり、ホール等の構造物に音響効果を目的とするような工事は含まれない。
③ 「たたみ工事」とは、採寸、割り付け、たたみの製造・加工から敷き込みまでを一貫して請け負う工事をいう。

 

上記のように、類似し担当官庁によく問い合わせのあるケースや、過去の誤った業種区分による工事の施工事例などをもとに「建設業許可事務ガイドライン」は、国土交通省により作成されています。

 

必ず、業種区分の確認の際は、このガイドラインを一読してください。なお、建設業許可事務ガイドラインは、役所の担当官もこのガイドラインで建設業許可を勉強しています。

 

そのため、行政書士には必読のものであることは当たり前ですが、建設会社の方も全体を通してご覧いただくことをお勧めします。

 

まとめとして

 

本日は、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」という質問に対し、「内装仕上工事」について解説をさせていただきました。

 

再度申し上げますが、業種区分の確認は、「① 手引きによる確認」→「② 建設業許可事務ガイドラインによる確認」の2工程を必ず行ってくいださい。

 

業種区分を間違えると、その後の「許可要件の確認」を誤ってしまい、許可申請自体が無効になる場合があります。

 

無許可での建設工事が発覚すると、許可の取り消しはもちろん、罰則や新規の許可取得に制限がかかります。くれぐれも、自己判断せずに行政書士を活用ください。

29業種(種類)の中の「防水工事業」とは?

 

建設業許可による業種区分は、建設工事の種類ごとに29業種に区分しています。内訳は、2つの一式工事と27の専門工事に区分されます。

 

新規で建設業許可の取得を希望する方からよくある質問に、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」というものがあります。

 

厳密にいえば、「〇〇工事をやっている建設会社ですけど、建設業許可を取得するにはどうすればいいか?」の方が正確かと思います。

 

当事務所では、このような問い合わせに対して次のような手順で、回答しています。

 

まず、「最新の建設業許可の手引き」および「建設業許可事務ガイドライン」にて、該当する建設業許可の業種を確認します。
次に、相談者が「建設業許可の要件」を満たしているか否かの確認を行います。この要件を満たしていない場合は、許可が受けられませんし、許可が下りた後でも要件を満たさなくなった場合は、許可が失効します。

 

上記の2点を確認したうえで、実際の許可を受けるための書類作成のスケジュールおよび費用をお見積りさせていただきます。

 

上記の2点の確認は、素人が行うと業種区分の細かな間違え要件に対する認識の誤りから、せっかく許可申請したのに許可が下りないというもったいないミスが発生する事が多々あります。必ず、上記の2点については、専門の行政書士にご相談ください

 

さて、本日は上記の業種区分「防水工事業」についての、確認方法について解説をしたいと思います。

 

まず、建設業許可の手引きを使用した業種の確認する

 

各都道府県には、建設業許可を取得するための手引きが配布されていると思います。この手引きの中の「建設工事と建設業の種類」の箇所を確認し、相談者のいう工事がどの業種区分に該当するかを確認します。

 

ちなみに、「防水工事」は、以下のような内容になります。

 

① 建設工事の種類:防水工事業
② 内容:アスファルト、モルタル、シーリング材等によって防水を行う工事(※ 建築系の防水のみ)
③ 例示:アスファルト防水工事、モルタル防水工事、シーリング工事、塗膜防水工事、シート防水工事、注入防水工事

 

さて、上記の手引きの内容や例示によって、相談者が取得したい許可が「防水工事に間違いないと確認ができた場合や、手引書のみでは判断が付かない場合などは、「建設業許可事務ガイドライン」によって、本当に間違いないかを確認します。

 

次に、建設業許可事務ガイドラインを使用し、業種のダメ押し確認する

 

建設業許可の手引きを使用した業種区分の確認ができた後に、次は「建設業許可事務ガイドライン」を使用して、手引きを使用した判断に間違えが無いか確認をします。これは、手引きのみの確認では、類似した建設工事の区分が正しく確認できないためです。

 

ちなみに、「防水工事」については、以下のように掲載されています。

 

① 「防水工事」に含まれるものは、いわゆる建築系の防水工事のみであり、トンネル防水工事等の土木系の防水工事は「防水工事」ではなく「とび・土工・コンクリート工事」に該当する。
② 防水モルタルを用いた防水工事は左管工事業、防水工事業どちらの業種の許可でも施工可能である。

 

上記のように、類似し担当官庁によく問い合わせのあるケースや、過去の誤った業種区分による工事の施工事例などをもとに「建設業許可事務ガイドライン」は、国土交通省により作成されています。

 

必ず、業種区分の確認の際は、このガイドラインを一読してください。なお、建設業許可事務ガイドラインは、役所の担当官もこのガイドラインで建設業許可を勉強しています。

 

そのため、行政書士には必読のものであることは当たり前ですが、建設会社の方も全体を通してご覧いただくことをお勧めします。

 

まとめとして

 

本日は、「主に〇〇工事を行っているのですが、建設業許可を取得するにあたってどの業種を取得すればいいですか?」という質問に対し、「防水工事」について解説をさせていただきました。

 

再度申し上げますが、業種区分の確認は、「① 手引きによる確認」→「② 建設業許可事務ガイドラインによる確認」の2工程を必ず行ってくいださい。

 

業種区分を間違えると、その後の「許可要件の確認」を誤ってしまい、許可申請自体が無効になる場合があります。

 

無許可での建設工事が発覚すると、許可の取り消しはもちろん、罰則や新規の許可取得に制限がかかります。くれぐれも、自己判断せずに行政書士を活用ください。

今すぐ電話で無料相談!